米沢牛の由来:山形おとりよせ『紅花商人』

山形おとりよせ『紅花商人』山形の特産品が勢ぞろい
山形おとりよせ「紅花商人」へようこそ。|買い物についてカゴの中| 
催事カレンダー/2018年01月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

紅花

商品数 113点
今日 70件 昨日 225件
合計 1,062,729件

powered by samidare
system:community media
staff login
米沢牛の由来
2010/09/11 02:19 米沢牛の由来
明治四年藩校興護館(現在の米沢興護館高校)に外国語教師として招かれた英人チャールズ・ヘンリー・ダラス氏が、同八年任期を終えて横浜に帰る際、米沢牛を持ち帰り、これを居留地の英人仲間に馳走したところ、その美味をいたく感嘆したと言います。

その反応に我が意を得た彼は、早速に米沢の馬喰を横浜の牛肉問屋と契約させ、米沢の牛を『米沢牛』と命名して売り出したところ、これが評判を呼び、米沢牛の名前がたちまち全国に広まったと伝えられています。
2010/09/11 02:19 (C) 米沢牛辞典